オードパルファムの購入ならココのお店です フェミニテデュボワ

【爽やか度】0/100点【スイート度】65/100点【スパイシー度】50/100点【持続性】80/100点【セクシー度】65/100点【その他】杉の香りと、蜂蜜とフルーツの甘さとスパイスという、ちょっと極端な感じのブレンドなのですが、絶妙にまとまっています。コンポジションはシダー・蜂蜜・フルーツとのことですが、ふんわりした木の香りに、フローラル、フルーツと甘さがふんわり足されていくような香りの移り変わり。そして!2009年セルジュルタンスの香水ラインとして投入されたこちら。

コスパ最強と噂の!

2017年02月24日 ランキング上位商品↑

フェミニテデュボワ オードパルファムフェミニテデュボワ<オードパルファム>

詳しくはこちら b y 楽 天

とっても女性的です。構想自体は「ピエール・ブルドン」がマラケシュに旅して思いついたとか。素敵です。「世界香水ガイド」に書かれています。暫くすると!蜜の甘さとスパイスの香りが出てきて最初の香りは控えめになっていきます。うっとりと幸せを感じるような素晴らしい感覚。これから寒くなって行く季節によく合う香りです。当時のパリでは話題になり資生堂の地位を高めたそうです。好みははっきり分かれそうですが意外と幅広い年齢層に使えるのではないかと。。1992年!資生堂から発売された「フェミニテデュボワ」パリで発売されたこの香りは「木の女性らしさ」という今までかつてなかった発想に香水界は衝撃を受けたようです。トップが個性的なのは「チュベローズ クリミネル」も同じですね。ムエットの時はもっと勇気がいる感じかと思いましたが実際つけ少し時間が経つと!優しく澄んだ香りになりますねやっと自分だけの香りに出会えた気がします。90点。素晴らしい!の一言。トップから漂ってくる杉の香りはホームセンターの木材売り場の様な香りです。それを「クリストファー・シェルドレイク」が限りなく暗く透明にした…。ルタンスらしくて素敵です。スパイスの香りはさほど強くはないと思います。【デザイン】お洒落です。日本では発売されず…。この香りは2人の調香師によって出来上がりました。ボトルの美しさに、液体のなんともいえない色ながめているだけできもちが高揚してきます。香害にならない無難なものでは物足りずいい歳なのでそろそろ自分の香りを持ちたいと思って探していた所でした。これは忘れられないというかああ、よくある香水の香りだよねっていうのではなく特別な香りですね。この香り好きです。